ようこそ、「慰安婦問題」論争の渦中へ

主戦場

チラシのダウンロード
ENGLISH SITE
4月20日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて緊急公開ほか全国順次

イントロダクション INTRODUCTION

  • ひっくり返るのは歴史か
  • それともあなたの常識か

驚くほどスリリング!!!いま最も挑戦的なドキュメンタリー

あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuberのミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。

慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?

次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。

映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが——それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。

さて、主戦場へようこそ。

登場人物 FEATURING

※映画登場順

トニー・マラーノ
トニー・マラーノa.k.a テキサス親父
藤木俊一
藤木俊一テキサス親父のマネージャー
山本優美子
山本優美子なでしこアクション
杉田水脈
杉田水脈衆議院議員
(自由民主党)
藤岡信勝
藤岡信勝新しい歴史教科書をつくる会
ケント・ギルバート
ケント・ギルバートカリフォルニア州の弁護士
日本のテレビタレント
櫻井よしこ
櫻井よしこジャーナリスト
吉見義明
吉見義明歴史学者
戸塚悦朗
戸塚悦朗弁護士
ユン・ミヒャン
ユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会
イン・ミョンオク
イン・ミョンオクナヌムの家の看護師
元慰安婦の娘
パク・ユハ
パク・ユハ日本文学者
フランク・クィンテロ
フランク・クィンテロ元グレンデール市長
林博史
林博史歴史学者
渡辺美奈
渡辺美奈アクティブ・ミュージアム
女たちの戦争と平和資料館
エリック・マー
エリック・マー元サンフランシスコ市議
中野晃一
中野晃一政治学者
イ・ナヨン
イ・ナヨン社会学者
フィリス・キム
フィリス・キムカリフォルニア州コリアン米国人会議
キム・チャンロク
キム・チャンロク法学者
阿部浩己
阿部浩己国際法学者
俵義文
俵義文子どもと教科書全国ネット21
植村隆
植村隆元朝日新聞記者
中原道子
中原道子「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター
小林節
小林節憲法学者
松本栄好
松本栄好元日本軍兵士
加瀬英明
加瀬英明日本会議

コメント COMMENTS

想田和弘
映画作家

必見の映画だが、内容については書きたくない。
なるべく先入観を持たずに、真っさらな目で観てほしいからだ。
同時に、この勇気ある監督の身の安全を本気で心配してしまう。
それほど問題の核心に切り込み、火中の栗を拾っている。
それほど日本は危ない国になっている。

森 達也
映画監督/作家

映画は論文ではない。あなたは主張する主体の表情をスクリーンで見る。
声を聴いて目の動きを確認し、一瞬の笑みや吐息に気づくこともできる。
言葉だけではない。そこに本質が現れている。

藤岡朝子
ドキュメンタリー・ドリームセンター代表/山形国際ドキュメンタリー映画祭理事

早いテンポで進む論争のスピード感に乗せられ観客は論点ごとに「なるほど」と膝を打ち、「そりゃないだろう」と違和感を持ち、引き込まれる。裁判劇のようなスリルだ。終盤には隠し玉の証人まで登場する。言葉と論理の知的ボクシングを見ているようで実に痛快。

監督について DIRECTOR'S PROFILE

ミキ・デザキ MIKI DEZAKI

ミキ・デザキ MIKI DEZAKI

監督・脚本・撮影・編集・ナレーション

ドキュメンタリー映像作家、YouTuber。1983年、アメリカ・フロリダ州生まれの日系アメリカ人2世。ミネソタ大学ツイン・シティーズ校で医大予科生として生理学専攻で学位を取得後、2007年にJETプログラムのALT(外国人英語等教育補助員)として来日し、山梨県と沖縄県の中高等学校で5年間、教鞭を執る。同時にYouTuber「Medama Sensei」として、コメディビデオや日本、アメリカの差別問題をテーマに映像作品を数多く制作、公開。タイで仏教僧となるための修行の後、2015年に再来日。上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科修士課程を2018年に修了。初映画監督作品である本作『主戦場』は、釜山国際映画祭2018ドキュメンタリー・コンペティション部門の正式招待を受ける。

予告編 TRAILER

上映劇場 THEATER

4月20日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて緊急公開 以降、全国順次公開
シアター・イメージフォーラム

全国共通特別鑑賞券¥1,300発売中

東風オンラインショップで購入

上映劇場

地域 劇場名 電話番号 公開日
東京都 シアター・イメージフォーラム 03-5766-0114 4月20日(土)
神奈川県 横浜シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 近日
新潟県 シネ・ウインド 025-243-5530 5月18日(土)
愛知県 名古屋シネマテーク 052-733-3959 4月27日(土)
大阪府 第七藝術劇場 06-6302-2073 4月27日(土)
京都府 京都シネマ 075-353-4723 4月27日(土)
兵庫県 元町映画館 078-366-2636 近日
広島県 横川シネマ 082-231-1001 近日
お問い合わせ=東風
E-mail. info@shusenjo.jp